人材育成研修を自社で行う際のメリット

研修にかかるコストが抑えられる

人材育成研修を自社で行うメリットの一つは、コストが抑えられることです。講師役となるのが人事担当などの社内の人間なので、外部講師を呼ぶためにかかるコストが不要となります。研修を行うための会場を用意する手間や費用もなくなりますね。そのため、研修を実施する期間を柔軟に変えられるようになるメリットも得られるでしょう。また、研修内容を自由に決められるのも特徴です。研修を受けた後すぐに現場で活用できるスキルを習得させるのに適しています。そのためにも、研修の目標をどのように設定するかが重要となります。講師役となる社員には適切な研修内容を提案するために負担がかかりやすい欠点はありますが、その分講師役の社員の成長が期待できるのも大きなメリットです。

自社に関する理解を深めやすい

社内で研修を行うメリットとしては、自社の方針や理念について教育しやすい点も挙げられます。マネジメント層が講師役となって研修を行うことで、会社の事業に関する理解を深めて帰属意識を高める効果が期待できます。社員同士の仲を深め、一体感を作り出していくのにも役立つでしょう。このような研修は外部講師によって行おうとする場合、念密な準備が必要となりますし、外部の人間が自社について語ったところで社員に受け入れられるかどうかという問題もあります。自社について熟知している人間が指導することで、効果的な研修が可能となるのです。独自の仕事の進め方など、会社特有の内容を指導したいような場合も自社で研修を行う方が適しています。